一人暮らしをスタートさせる場所を関西圏でお考えの方はいらっしゃいますか?関西と関東では家賃の相場も変わってくるので、今回は関西圏の家賃の相場をご説明しようと思います。これはどの地方でも言えることなのですが、実際は地域や町などによってかなり相場の変動があります。例えば、最寄り駅や沿線によって、交通が不便だったり、色々とあると思います。便利であれば家賃は高くなりますし、その部屋の築年数や広さ、設備によって家賃は変わってきます。ざっくりとした目安で言えば、大阪市内の中心地の物件ですね。大阪市内中心地でワンルーム6畳ほどで、バス・トイレ別のような物件だと、相場としては6万円から7万円くらいになります。当たり前のことですが、市内の中心部から遠くなれば遠くなるほど、家賃は下がっていきます。関西圏で一人暮らしの物件をお探しの方に、知っておいていただきたいことが1点あります。それは、敷金のことです。全国的に見て、敷金の相場は西高東低と言われています。ですので、関東圏に比べて関西圏の敷金は割高になっているのです。関東や都内であれば、敷金は1〜2ヶ月分が普通だと思いますが、関西の場合ですと3〜4ヶ月分が当たり前だといわれています。それは元々、関西には「敷引き」という習慣があって、最初から決められている額をリフォームや修繕代として退去する時に支払わなければならないケースがあるのです。ただ、最近では、敷引きがない物件も少なくありませんし、関東圏でありがちな更新料がない分、長い目でみると安上がりになることもあります。物件探しの際には、契約時や退去時に必要な費用をよくチェックするようにしましょうー