agaと睡眠の関係について

睡眠不足は健康に影響を与えることがよく指摘されていますが、発毛やaga(男性型脱毛症)とも関係があると言われています。
髪の毛は、一般的に午後10時~翌2時までの時間帯によく伸びることが知られており、この時間帯は「発毛のゴールデンタイム」などと呼ばれることもあります。
発毛を促す成長ホルモンは、寝付いてから約30分後に分泌が開始され、その後、深い眠りに入ってから約3時間に渡って分泌が続けられます。
そして、成長ホルモンは睡眠しなければ分泌されないと言われており、さらに成長ホルモンの分泌が最も活発になるのが、先ほど紹介した午後10時~翌2時という時間帯になります。
成長ホルモンは髪にとっての肥料のようなものであるため、その分泌が滞ると発毛がうまくいかなくなります。
なので、フィナステリドやミノキシジルといったaga治療薬などを使った治療を行う以前に、成長ホルモンをしっかり分泌させるための、規則正しい睡眠を行う必要があるということになるでしょう。
また、すでに治療薬などを使ったaga治療を行っているのにあまり効果が見られないというような場合は、睡眠不足や睡眠の時間帯を見直してみるということも、改善につながる一つの方法だと言えます。