再生医療による発毛の可能性

再生医療は様々な遺伝子レベルで新しい組織を再生させることができるため今後発展が期待されている医療分野です。
この分野で注目されているものの一つに発毛についての研究があげられます。
男性の場合、とくに中年以降に頭髪が薄くなるケースが多くこれまでは新たに頭髪の発毛を行うことは不可能とされてきました。
再生医療では生えなくなった頭髪の毛根組織を再生することにより再度発毛させるという研究が大学や製薬会社などの研究機関によって盛んに行われています。
将来この分野で特効薬が開発されれば大きなビジネスになることから製薬分野以外の企業なども多く研究活動や投資を行っています。
加齢による薄毛のほかにも白血病や抗がん剤の副作用により脱毛する人も多く男性はもとより女性にとっても再生医療による発毛は期待される分野になっています。
現在の再生医療の研究はまだ動物実験の段階にとどまっており臨床レベルでの研究や治験には時間がかかるといわれています。日本はもとより米国や欧州の大学や製薬会社もこの分野で多くの研究や論文発表を行っており年々その競争は激しくなっています。
薄毛で悩むすべての人にとっての特効薬が開発される日が来ることが期待されています。