agaの初期チェックとは

agaは男性型脱毛症のことを指します。
生活習慣の乱れやストレスなどが原因と言われますが、男性ホルモンの内の一種が多量に分泌されることが大きく影響しています。
20歳くらいの時期から現れる場合もあり、初期であれば自覚することや見極めることは難しいでしょう。
知らず知らず症状が進行し、自分で気になり始めた頃には悩みとなる状態であることも少なくはありません。
20歳を過ぎたら頭髪のチェックを習慣にすれば早い段階でagaに気付くことが出来るかもしれません。
agaかどうかのチェックで一番分かり易いのが、シャンプー後に洗い流した髪が排水溝に残る量です。
見て200本以上の髪が詰まっていたらagaを疑います。
また起床時の枕に大量の抜け毛が見られることや、スタイリングが上手く出来なくなったなどがあります。
日々チェックをして注意をしていれば、頭髪のボリュームやハリ、こしが以前よりも無くなったことや、額が広くなったと感じること、生え際に短い毛が多くなることなどの前兆に気付くことが自分で出来ます。
agaは放置することで頭髪が成長しないうちに脱毛していく状態が進んでいきます。
育毛剤を使用することや、専門的な診察を行うクリニックなどへ相談をし、適切な治療を受けることなどが大切です。